秋季彼岸法要、無事円成!

9月23日(彼岸中日)、心配されていた天気にも恵まれ、当山の彼岸塔婆供養会を多数の檀信徒様出席の元、盛大に奉修いたしました。 法要後には、9月8日に35日間の結界修行を無事に修了致しました、主任による楽しくありがたいご法話が行われました。参拝者の皆様も終始和やかなムードで楽しんでいただきました! また、法要前日には篠山市西町において「西町フレア」が行われました! 町一体となって、多くのお店が開き、賑わいを見せました。また、当山におきましてもお店が開かれ、たくさんの方々がお見えになられました! 西町フレアの本番は11月23日,24日でございます。 町が賑やかになること間違いなしの大イベントです!是非、お越しくださいませ(^-^)

総本山身延山での結界35日間の修行(信行道場)無事成満致しました。

合掌礼 皆様、ご無沙汰しております。当山主任の松本隆誠でございます。 私事でございますが、8月5日より日蓮宗総本山身延山で行われておりました結界35日間の修行を、無事に成満致しましたことを、ここに報告させていただきます。 今年の夏は例年にないほどの猛暑でありました。また数多くの自然災害が訪れる中、無事に成満できたことは、周りの応援してくださった方々のお陰があってこそだと思っております。 修行は自分でも想像していた以上の過酷なものであり、何度も何度もくじけそうなことがありました。その度に、私が身延山で修行をさせていただく意味を考え、感じ、立ち直ることができました。 それは決して「自分のためだけに修行をしているのではない」というものです。私たち僧侶は一見、自分のためだけに修行をしているように思われます。実際私も修行に行く前には同じことを思っておりました。ですが、自分が懸命に修行した、その大きな功徳が檀信徒の皆様へと流れていくのだということを私たちは決して忘れてはいけない訳でございます。 無事に成満し、支えられていることを知り、修行というものは自分のためではなく、支えていただいている人のためのものなのだなと。だからこそ自分は頑張れたのだなと強く感じました。 『俺が俺がの我を捨てて、おかげおかげの下で生きよ。』 という言葉がございますが、この言葉の重みを身に持って感じることのできた35日間でございました。 これから私は妙福寺をもっともっと地域の誇りになるお寺になるよう努めて参ります。 お題目の素晴らしさを伝え、皆様がワクワクして訪れるようなお寺にします! 簡単ではございますが、感謝の意

特集記事
最新記事

​丹波篠山妙福寺

LINE.png
  • Facebook Social Icon
  • Instagram Social Icon

〒669-2342 兵庫県丹波篠山市西町41

TEl 079-552-0292

Mail sasayama.myoufukuji@gmail.com